ギリシャ語の子音の発音

ポッドキャストで学習しているギリシャ語の復習メモです。ギリシャ語の子音と二重子音の発音を学習します。英語のアルファベットとの対応表をのせました。慣れるまではうっかり英語読みをしてしまいますので注意。

子音

π , β , φ

唇(と歯)で発音する子音のグループです。

ギリシャ語 英語
Π/π p
Β/β v
Φ/φ f
  • Π/π … 英語のpに相当。
    補足:円周率でおなじみのπ(パイ)なので覚えやすいかと。
  • Β/β … 英語のvに相当。
    補足:これもおなじみのベータです。ですが”b”ではなく下唇をかむ”v”の音なので注意。
  • Φ/φ … 英語のfに相当。
    補足:ファイと読みます。これがロゴになっている目薬、前にありましたよね?ロートの。

τ , θ , δ

歯・歯茎に舌をあてて発音する子音のグループです。

ギリシャ語 英語
Τ/τ t
Θ/θ th(無声音)
Δ/δ th(有声音)
  • Τ/τ … 英語のtに相当。
    補足:アルファベット読みはタウ(タフ)です。
  • Θ/θ … 英語のthの音(“thank”のth)です。
    補足:数学でおなじみのシータです。”th”の発音記号として目にすることも多いですね。
    “thank”のth よりもやや強く息をいれて発声するため、単語の頭にあるときはちょこっとf の音に聴こえます(私感)。
  • Δ/δθの有声音です(”the”のth)。
    補足:デルタと読みます。大文字が”D”に似ていなくもない、ってむりやり覚えました。

κ , γ , χ

口蓋に舌をあてて発音する子音のグループです。

ギリシャ語 英語
Κ/κ k
Γ/γ g(ほかにもたくさん)
Χ/χ h
  • Κ/κ … 英語のkに相当。
    補足:アルファベット読みはカッパ(カーパ)です。
  • Γ/γ … 英語のgに相当。
    補足:γ線のガンマ。後述しますが、次に来る文字によって音がかわることが多く、発音が覚えにくい文字のひとつかなあと思います。
  • Χ/χ … 強いhの音です。
    補足:ドイツ語のich(イッヒ)など”ch”の音。英語の”x”に似たかたちなので混乱しやすいですが…。アルファベット読みはキー(カイ)です。

ν , μ

鼻音と呼ばれる子音のグループです。

ギリシャ語 英語
Ν/ν n
Μ/μ m
  • Ν/ν … 英語のnに相当。
    補足:ニューと読みます。小文字が英語のv に似ているので慣れるまでは注意。
  • Μ/μ … 英語のmに相当。
    補足:ミューと読みます。「マイクロ」のμ です。

λ , r

英語のl, rに相当する子音のグループです(Liquid consonantsという説明だったのですが、どう訳すのが適切なのでしょう…?)。

ギリシャ語 英語
Λ/λ l
Ρ/ρ r
  • Λ/λ … 英語のlに相当。
    補足:ラムダと読みます。
  • Ρ/ρ … 英語のrに相当。
    補足:ローと読みます。どう見てもp じゃん…と、いつまでも発音に慣れなかった文字。でもパ行は π(パイ)、こちらはラ行。

σ/ς , ζ , ξ , ψ

これらの子音はレッスン内では説明がありませんでした。全部の子音は紹介しませんので、これからポッドキャストを聴いて覚えていってください!とのこと…。なので、以下補足としてメモしておきます。

ギリシャ語 英語
Σ/σ/ς s
Ζ/ζ z
Ξ/ξ x
Ψ/ψ ps
  • Σ/σ/ς … 英語のsに相当。
    補足:これも数学などでおなじみのシグマです。有声子音の前ではz の音になります。英語でもs が「ス」だったり「ズ」だったりしますし、イメージはしやすいかと思います。
    また、小文字は二種類あって、語末ではς を、その他はσ を使います。
  • Ζ/ζ … 英語のzに相当。
    補足:ズィータ(ゼータ)と読みます。小文字が書きづらいのですが、ひらがなの”て”を縦長に書き、下にちょろんを付けるかんじ。
  • Ξ/ξ … 英語のxに相当。
    補足:クシと読みます。χ ではなくこちらがx([ks])の音です。
  • Ψ/ψpsという発音。
    補足:プシー(プサイ)と読みます。ギリシャ語が語源である英単語psychology やpsychic などでは p を発音しないため(サイコロジー、サイキック)、サイと読む場合もあるよう。『斉木楠雄のΨ難』とか。あれおもしろいですよね。

二重子音

ふたつの子音が重なっていますが、ひとつの音として発音します。特定のふたつの子音が重なることにより、上で学習した音とは異なる音になりますので注意が必要です。

ギリシャ語 英語
μπ b
ντ d
γκ [ŋk]
γγ [ŋɡ]
τσ [ts]
τζ [dz]

μπ

μ(英語のm)とπ(英語のp)が続く場合、単語の先頭では英語のbの音、先頭以外ではbmb の音になります。

ギリシャ語 読みかた 意味
μπουκάλι ブカリ bottle
μπαμπάς ババス father

わたしがいっちばん最初に調べて覚えたギリシャ語の単語μπάνιο(バーニョ/お風呂)もこの二重子音でした。関係ないんですけど、外国語って、自分の好きな単語や好きなシチュエーションの会話から覚えていくと楽しく学習できますよね。わたしは食べ物とお風呂のことばっかり勉強しています。

ντ

ν(英語のn)とτ(英語のt)が続く場合、単語の先頭では英語のdの音、先頭以外ではdmd の音になります。

ギリシャ語 読みかた 意味
ντομάτα ドナータ tomato

mp(ンプ)がくっついて濁ってb(ブ)、nt(ントゥ)がくっついて濁ってd(ドゥ)。そんなに覚えにくくはないかな、と思います。

γκ, γγ

γ(英語のg)とκ(英語のk)が続く場合、γは鼻音(発音記号であらわすと[ŋ]の音になります。

γがふたつ続く場合も、はじめのγは鼻音になるので、γγは[ŋɡ]の音になります。

ギリシャ語 読みかた 意味
Αγγλία アングリア England

ちょっとわかりづらいですが…単語の中にgk(グク)とかgg(ググ)とかがあるとひっかかって発音しづらいので、「ンク」とか「ング」とかになります。そんなかんじです。「アググリア」って言いづらいので、「アングリア」。

それから、γは後に続く母音によっても音が変わります。

[i]または[ε]の前のγ は[j](日本語のヤ行の子音)になります。

とってもややこしいですが、gi は「ギ」じゃなくて「イ」(でも「ギ」と「イ」の間くらいの音に聞こえる)、ge は「ギェ」じゃなくて「ィエ」みたいな音です。

τσ

τ(英語のt)とσ(英語のs)が続く場合、[ts]の音になります(英語のpizza のzz)。

ギリシャ語 読みかた 意味
τσέπη ツェーピ pocket
τσίπουρο ツィプロ 蒸留酒※

※ギリシャの伝統的な蒸留酒のひとつ。冷たくしておつまみと一緒にいただくのが最高!という余談がありました。

τζ

英語には無い音です。τ(英語のt)とζ(英語のz)が続く場合、[dz]という音になります。

[ts]の[s]の空気をふるわせて強めに[z]の音を出すイメージ、とのこと。 難しいですね…。

ギリシャ語 読みかた 意味
τζατζίκι ズァジキ ヨーグルトディップ

今日学習したエピソード

GreekPod101 All About #4 – Learn Greek Pronunciation / Pronunciation #3 – The More Consonants, the Merrier in Greek

にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ にほんブログ村 外国語ブログへ