ギリシャ語のちょっと特殊な動詞の活用と、ギリシャのテレビのお話

ギリシャ語の動詞のうち、第二変化に似ているけれどちょっと違う、特殊な活用をする動詞について学習します。πάω(行く)、λέω(言う)、ακούω(聞く)、κλαίω(泣く)などの頻出動詞ですので、しっかり覚える必要があります。

後半はギリシャのテレビについてのお話です。

キーフレーズ

Πάω κάτω στο μπαρ.
パオ カト スト バル。
I’m going down to the bar.
バーに行ってくるよ。

ダイアログと単語

Πέτρος: Τι βλέπεις;
ティ ヴレピス?
What are you watching?

Έλλη: Την “Ξένη ζωή”.
ティン クセニ ゾイ
The “Foreign Life”.

Πέτρος: Και γιατί κλαίει αυτή;
ケ ィアティ クレイ アフティ?
And why is she crying?

Έλλη: Πέτρο, δεν ακούω!
ペトロ、デン アクオ!
Peter, I can’t hear!

Από την τηλεόραση: Εσείς φταίτε, εσύ και οι γονείς σου φταίνε για όλα!
エシス フテーテ、エシ ケ イ ゴニス ス フテーネ イア オラ!
(From the TV:) It’s your fault, you and your parents are at fault for everything!

Πέτρος: Γιατί φταίνε όλοι αυτοί;
ィアティ フテーネ オリ アフティ?
Why is it all of their faults?

Από την τηλεόραση: Μήπως τα παιδιά σας τρώνε πολλή ζάχαρη; Μήπως δεν…
ミポス タ ペディア サス トゥロネ ポリ ザハリ?ミポス デン…
Maybe your children eat a lot of sugar? Maybe they don’t…

Έλλη: Ορίστε, τώρα έχει διαφημίσεις.
オリステ、トラ エヒ ディアフィミシス。
Here, now there are advertisements.

Πέτρος: Πώς βλέπεις αυτό το πράγμα;
ポス ヴレピス アフト ト プラグマ?
How do you watch this thing?

Έλλη: Γιατί; Είναι πολύ ωραία σειρά. Αυτή η ξανθιά λέει σε όλους ότι είναι άρρωστη, αλλά δεν είναι.
ィアティ?イネ ポリ オレア シラー。アフティ イ クサンシア レイ オルス オティ イネ アロスティ、アラ デン イネ。
Why? It’s a very nice series. That blonde tells everyone that she’s sick, but she isn’t.

Πέτρος: Καλά, δε θέλω να ξέρω! Φεύγω. Τα λέμε μετά.
カラ、デ セロ ナ クセロ!フェヴゴ。タ レーメ メタ。
Well, I don’t want to know! I’m leaving. See you later.

Έλλη: Πού πας πάλι;
プ パス パーリ?
Where are you going again?

Πέτρος: Πάω κάτω στο μπαρ. Θέλω έναν καφέ.
パオ カト スト バル。セロ エナン カフェ。
I’m going down to the bar. I want a coffee.

Έλλη: Εντάξει.
エダクシ。
Okay.

単語 読みかた 英訳 和訳
ξένος クセノス foreign, strange 海外の、奇妙な
λέω レオ say 言う
ότι オーティ that あの、あれ
ξανθός クサンソス blond ブロンド
κλαίω クレオ cry 泣く
ζωή ゾイ life 生活、生命
κάτω カト down, under 下に
φταίω フテオ at fault 責任・落ち度がある
ακούω アクオ hear 聞く
άρρωστος アロストス sick 具合の悪い
τρώω トオ eat 食べる
ζάχαρη ザハリ sugar 砂糖
διαφήμιση ディアフィミシ advertisement 広告
σειρά シラー series シリーズ

単語に関する補足

φταίω(責任・落ち度がある)

φταίω は「責任がある」「落ち度がある」といったような意味の動詞で、フレーズのように用います。

Φταίω.
It’s my fault.
わたしの責任です。

Φταις!
It’s your fault!
あなたのせいだよ!

Δε φταίω εγώ, ο Γιάννης φταίει!
It’s not my fault, it’s Yannis’s fault!
わたしの責任じゃない、ヤニスのせい!

λέω(言う)と τα λέμε!(またね!)

λέω(言う)という単語の一人称複数形 λέμε を使った言い回しです。

τα をつけてτα λέμε! と言うと「またお話しましょう」とか「またね!」といった別れの挨拶になります。

Λέμε.
We say.

Τα λέμε!
See you!

πάω,λέω, ακούω, κλαίω, φταίω

以前のレッスンで、ギリシャ語の動詞は活用パターンによっておおきくふたつに分類できることを学習しました。

  • 動詞の語幹が -α, -ε 以外の母音か、子音で終わる動詞は「第一変化
  • 動詞の語幹が -α, -ε で終わる動詞は「第二変化

第一変化動詞の活用おさらい

単数 複数
κάνω I do κάνουμε we do
κάνεις you do κάνετε you do
κάνει he does κάνουν they do

第ニ変化動詞の活用おさらい

単数 複数
μιλάω/μιλώ I speak μιλάμε we speak
μιλάς you speak μιλάτε you speak
μιλάει/μιλά he speaks μιλάνε/μιλούν they speak

ギリシャ語の動詞の基本変化(第二変化)と、アテネの地下鉄のお話 | 現代ギリシャ語学習メモ

第ニ変化に似ているけれど特殊な活用をする動詞

今日のダイアログに出てきた λέω(言う)、κλαίω(泣く)、ακούω(聞く)、φταίω(責任がある)、πάω(行く)は、上の分類にあてはまらない活用をします。

λέω(言う)の活用

単数 複数
ギリシャ語 英語 ギリシャ語 英語
λέω I say λέμε We say
λες You say ελέτε You say
λέει He says λένε They say

ほとんど第二変化と同じですね。

ですが、さきほどの表の第二変化動詞 μιλάω(これも意味は「話す」)の三人称単数形は μιλάει/μιλά と二通りの活用があってどちらを使っても良いということでしたが、λέω の三人称単数形は λέει の一通りのみです。

この5つの動詞については

第二変化と似ているけれども各人称の活用が一通りのみの特殊な活用をする

ということを覚えてください。

ギリシャのテレビ

テレビの歴史と普及

ギリシャにはじめてテレビが登場したのは1966年2月、はじめてカラーテレビが登場したのは1979年でした。

はじめての民間のチャンネルは1989年に登場、当時はチャンネルがふたつだけでした。

はじめての加入チャンネルが登場したのは1994年でした。

人気だったアメリカのドラマ

1970~80年代は、主にアメリカのテレビドラマを放映していたとのこと。

当時特に人気のあったドラマについて紹介がありました。

  • ダラス(Dallas)
  • ダイナスティ(Dynasty)
  • チャーリーズ・エンジェル(Charlie’s Angels)
  • スタートレック(Star Trek)
  • 爆発!デューク(The Dukes of Hazzard)
  • サンタバーバラ (Santa Barbara)
  • ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス(The Young and the Restless)

ギリシャのテレビ番組のこと

ギリシャでオリジナルのドラマがはじめて製作されたのは1990年。きざな会話や派手な演技、風刺に満ちたストーリーなどなど、当時のギリシャでは画期的なドラマで、女性を中心にとっても人気があったそう。

ドラマのタイトルの紹介がなかったので、探せませんでした。みてみたいですね。

最近注目のテレビ番組のこと

最近、南米のTVシリーズ(番組名の紹介はありませんでした)の権利を買って、ギリシャ人に馴染むように名前などを置き換えて放映しています、というお話もありました。

今日学習したエピソード

GreekPod101 Absolute Beginner S1 #19 What’s on Greek TV?

にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ にほんブログ村 外国語ブログへ