ギリシャ語で願望を表現する(欲しい、したい、なりたい)

「~が欲しい」「~したい」「~になりたい」などの、願望の表現を学習します。英語の不定詞に近い表現ですが、動詞の活用形に注意が必要です。

ダイアログにちなんで、ギリシャの有名な博物館や遺跡についてのお話がありました。さすがギリシャ、今回の文化のお話はいつもとは比較にならないほど、ボリュームたっぷりでした。

キーフレーズ

Εγώ θέλω να βλέπω τηλεόραση.
キ エゴ セロ ナ ヴレーノ ティレオラシ。
I want to watch TV.
テレビが観たい。

ダイアログと単語

旅行中のペトロスとエリの会話です。早くごはんを食べて遺跡を見に行きたいエリに対し、ホテルから出たくないペトロス。

Έλλη: Καλημέρα!
カリスペーラ!
Good morning!
おはよう!

Πέτρος: Ααα; Καλημέρα; Τι ώρα είναι;
アー? カリスペーラ? ティ オラ イネ?
Ah? Good morning? What time is it?
あー? おはよう? 今何時?

Έλλη: Η ώρα είναι οκτώ. Πάμε για πρωινό;
イ オラ イネ オクトー。パーメ ミア プリノ?
It’s eight o’clock. Shall we go to breakfast?
8時よ。朝ごはんを食べましょう。

Πέτρος: Οκτώ; Το πρωινό δεν είναι από τις οκτώ μέχρι τις δέκα;
ト プリノ デン イネ アポ ティス オクトー メフリ ティス デカ?
Eight? Isn’t breakfast from eight to ten?
8時?朝ごはんは8時から10時の間に食べるんじゃなかった?

Έλλη: Από τις οκτώ μέχρι τις δέκα, ναι. Αλλά πεινάω. Μήπως να πάμε για πρωινό τώρα και μετά στην Ακρόπολη;
アポ ティス メフリ ティス デカ、ネ。アラー ピナオ。ミポス ナ パーメ ミア プリモ トラ ケ メタ スティン アクローポリ?
From eight to ten, yes. But I’m hungry. Maybe we should go to breakfast now and then to the Acropolis?
8時から10時、そのとおりよ。でもわたしはお腹が空いたの。だからごはんを食べてアクロポリスに行きましょう。

Πέτρος: Είμαι κουρασμένος, δεν θέλω να πάμε ακόμα.
イメ クラスメーノス、デン セラ ナ パメ アコマ。
I’m tired, I don’t want to go now.
つかれているんだ。今は出かけたくない。

Έλλη: Εεε, εσύ θέλεις συνέχεια να μένεις στο ξενοδοχείο. Όταν ο κόσμος κάνει διακοπές, θέλει να πηγαίνει στα μουσεία, να βλέπει πράγματα!
エー、エシ セリス シネヒア ナ メニス スト クセノドヒオ。オタン オ コスモス カネ ディアコペス、セリ ナ ピゲネ スタ ムジア、ナ ヴレピ プラグマタ!
Eh, you always want to stay at the hotel. When people go on vacation, they want to go to museums, to see things!
ねえ、あなたはいつもホテルに居たがるわね。休暇中はみんな、博物館に行ったりいろいろなものを見たりするの!

Πέτρος: Κι εγώ θέλω να βλέπω τηλεόραση. Και θέλω να μη δουλεύω. Αυτά είναι όλα.
キ エゴ セロ ナ ヴレポ ティレオラシ。ケ セロ ナ ミ ドゥレノ。アフタ イネ オラ。
それならぼくはテレビが観たい。あと働きたくない。以上。
And I want to watch TV. And I want not to work. That’s all.

Έλλη: Αχ.
Ugh.
うーん。

単語 読みかた 英訳 和訳
ώρα オラ hour, time ~時
πράγμα プラグマ thing もの
μην ミン don’t (否定)
όταν オタン when (接続詞的に)
μέχρι メフリ until ~まで
πρωινό プリノ breakfast 朝ごはん
μήπως ミポス maybe たぶん
αλλά アラー but しかし
μετά メタ after ~のあと
μένω メノ stay とどまる
κόσμος コスモス world, people 世界、人々
συνέχεια シネヒア always いつも

単語に関する補足

κουρασμένος(疲れた)

ペトロスのセリフです。

Είμαι κουρασμένος.
イメ クラスメーノス
I’m tired.

以前のレッスンで「疲れた」という単語を学習しましたが、そのときの形は κουρασμένη(クラスメーニ)でした。

ギリシャ語の動詞είμαιの活用 | 現代ギリシャ語学習メモ

これは、ギリシャ語の形容詞が、主語あるいは修飾する名詞の性によって形をかえるためです。

男性 女性
κουρασμένος κουρασμένη
クラスメーノス クラスメーニ

形容詞は、おおよそ「名詞の性の語尾」と似た変化をします(以下は一例です)。

語尾 名詞や形容詞の性
-ος 男性名詞
-ο 中性名詞
-α ,-η 女性名詞

願望の表現

~が欲しい

まず、英語のwant にあたる動詞 θέλω を使って「~が欲しい」と言う練習です。

θέλω μια μπίρα.
I want a beer.

これはかんたんでした。

~したい、~になりたい

英語で「~したい」と表現するとき、たとえばこのように言いますよね。

I want to speak Greek.
わたしはギリシャ語を話したい。

このような形を「不定詞」とか「to不定詞」という文法として、習ったかと思います。

ギリシャ語の場合も、want にあたる θέλω(一人称単数の場合) と、to にあたる να を使って

Θέλω να + 動詞やbe動詞
I want to…

という表現をします。

ですが、少し注意が必要なので、以下の例文のそれぞれふたつめの英訳に注目しておいてください。

Θέλω να μιλάω ελληνικά.
I want to speak Greek.
I want that I speak Greek.
わたしはギリシャ語を話したい。

Θέλω να είμαι πλούσιος.
I want to be rich.
I want that I am rich.
お金持ちになりたい。

ギリシャ語の例文と英語の不定詞(ひとつめの英訳)は形がとっても似ていますが、実際、文法的にはふたつめの英訳(接続詞でふたつの文章をつないでいるかたち)に近いのです。

なので、να(英語のto)のあとの動詞は原形ではなく、主語の人称に合わせたかたちにします。

たとえば、主語が「彼」の場合の例です。

Θέλει να είναι λούσιος.
He wants to be rich.
He wants that he is rich.
彼はお金持ちになりたい。

最初のθέλει はもちろん、be動詞にあたる είμαι も、三人称単数に対する活用形 είναι となります。

もうひとつ例を挙げます。

Θέλω να μιλάς ελληνικά.
I want you to speak Greek.
I want that you speak Greek.
わたしはあなたにギリシャ語を話してほしい。

最初の Θέλω は一人称単数に対する活用形ですから、単純に「わたし」という主語が省略されているだけです。

να(英語のto)のあとの μιλάς は二人称単数(親称)に対する活用形なので、「わたしはあなたに … してほしい」という意味になるわけです。

ギリシャ語の動詞の基本変化(第二変化)と、アテネの地下鉄のお話 | 現代ギリシャ語学習メモ

~したくない

ペトロスのセリフです。

Θέλω να μη δουλεύω.
I want not to work.
I want that not I work.
働きたくない。

英語のnot にあたるμη(次の単語が母音で始まる場合は μην)を使います。

あるいは、文章全体を否定文にして

Δεν θέλω να δουλεύω.
I don’t want to work.
働きたくない。

願望や提案をあらわす να

エリがペトロスに、朝ごはんを食べてアクロポリスに行こうと言った部分。

να πάμε για πρωινό τώρα;
go for breakfast now?
朝ごはんに行こう?

πάμε は πάω(英語のgo)の、一人称複数(We)に対する活用形です。

このように、θέλω(want)などをともなわず、ただ動詞の前にνα をつけて願望や提案(誘い)をあらわすこともできます。

ギリシャの博物館・美術館

歴史や古代文明にまつわる旅をするなら、ギリシャは最高の場所のひとつです。

特に人気のある博物館や美術館の紹介がありました。

アテネ国立考古学博物館


アクロポリス博物館

ビザンティン博物館

キクラデス美術ミュージアム

紹介のあった博物館・美術館ではだいたい先史時代から3~7世紀あたりの発掘物が展示されているとのことで、とりわけこの時代に関する展示が人気なのだそうです。

遺跡

価値のある遺跡がたくさんあります、というお話の中で紹介されたもののうち、みっつを載せます。

デルポイ

デルポイの神託」で有名な都市国家(ポリス)の遺跡。

Delphoi
photo credit: Alfredo Spagna Ph. via photopin cc

おもいきり余談ですが、このレッスンで聴いた the Oracle of Delphi… という説明で、はじめて「神託」という言葉の英訳を知りました。データベースのあれしか知りませんでした。オラクル。

クノッソス

クレタ島にある、ミノア文明の中心であったとされる宮殿の遺跡。

Knossos
photo credit: jurvetson via photopin cc

オリンピア

古代オリンピックが行われた場所として有名な都市の遺跡。

IMG_0692
photo credit: troymckaskle via photopin cc

おすすめの時期

9月~4月あたりの、暑くない時期がおすすめとのこと。

なお、博物館は12月25日~1月1日の間と、ギリシャの祝日は必ずお休みだそうです(その他博物館ごとに定めた定休日なども)。

今日学習したエピソード

Absolute Beginner S1 #12 A Greek Holiday Argument

にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ にほんブログ村 外国語ブログへ